天鵞絨(びろうど)と紺碧(こんぺき)

40代後半アラフィフ女性の日常記録。ブログ名は好きな色の名前から。ひっそり綴りたいので、リンクはお断りしております。

過去への感情

メールの整理をしていて、

Aさんからの当時のメールがたくさん残してあって、

 

それを見ていたら、

すごく辛くなって、息苦しくなった。

 

それらのメールを受け取った当時は、

ありがたいと思って、自分の何が足りないのか、どうしたらいいのか、

なんとか答えたい、ほんとにその通りだ、と

ある意味前向きに受けとめていたはず。

 

今読み返すとこんなに苦しくなるのはなぜか。

 

わかりやすい文章と言葉で、どうしてこんなに上手く表現できるのか、

と感心していたけれど、

洪水のように送られたメールの言葉の中で、

私は溺れてしまったんだろうな。

 

溺れてついに呼吸困難になって、

ともかくもその言葉の渦から離れてみて

やっと息ができるようになった。

 

もうその言葉に答えなくて良いって自分に許可をだした。

 

その言葉はAさんが、Aさん自身の考えやポリシーを綴ったものであって、

私がそれをすべて飲み込まなくてもいいんだ。

私には私の考えやポリシーがあってよくて、大事にしていいんだ。

私の人生なんだから。

 

当時は、Aさんの言葉が素晴らしいと思っていたし、

自分にも必要なものだと思っていたし、

私の周りのみんなにも、プラスの要素だと思っていた。

 

今は、もうそう考えなくてもいい。

 

あのとき、溺れないようにする方法はあったのかな。

でも、精一杯だったよね。

私が全身で受けとめたかったんだよね。

その言葉の洪水の目的を、常に意識すればよかったのかもしれない。

私の役割の先にある、利用者のため。利益のため。

仕事なんだから、そう考えるのがあたりまえなのに、

そのときは、すべてが自分に向けられた言葉だと思って、

必死にもがいてしまった。

 

今感じたこの苦しさは、

当時必死にもがいて感じる余裕もなかった感情を

感じ直したんだろうと思う。

こんなにも苦しかったり、悲しかったんだね。私。

 

よくがんばった。

 

あれだけの言葉を贈ってくれたことに感謝をして、

受けとめようとした自分も誉めてあげて、

でも悲しい・辛いという本当の心を認めずに自分をないがしろにしてしまったことを失敗と受けとめて、

これからの経験に活かしていこう。