天鵞絨(びろうど)と紺碧(こんぺき)

40代後半アラフィフ女性の日常記録。ブログ名は好きな色の名前から。ひっそり綴りたいので、リンクはお断りしております。

「15人が選んだ幸せの道」

「15人が選んだ幸せの道 選択理論と現実療法の実際」ウイリアム・グラッサー

 

興味を持ち始めた選択理論心理学について知るために、図書館から借りてみた。

選択理論を提唱したグラッサー博士の本で、

グラッサー博士が選択理論を用いてカウンセリングをおこなっている様子(「現実療法」の現場)を、

グラッサー博士の考え方を交えながら、

主に会話形式で詳細を記したもの。

 

クライエントの抱える問題は、夫婦関係であったり、問題行動の多い少年とその教師だったり、うつ、アルコール依存症、自殺願望などなど・・・

必ずしも解決方法にたどり着いているわけではなく、

私はこういうカウンセリングをした、以上。(・・・その後クライエントがどういう行動を選択したかはわからない場合はそのまま)というスタンスを貫いているのも興味深い。

 

選択理論について知り始めたばかりなので、

博士のどういう態度がどういう手法(技法?)なのかはわからないのだけど、、、

私の感想は、

選択理論、すごい、すばらしいということ。

どこが?というところを私なりの言葉で考えていくと、、、

・カウンセラーとクライエントが対等

・カウンセラーがクライエントの人としての尊厳をすごく大事にしている

・カウンセラーが、何をどう言うべきか、何を言わないべきか、どのタイミングで伝えるべきか、伝えないべきか、どんな表情でいるのか、、、というところまで、意識的に行っている。それは、クライエントを尊重するためであり、クライエントの持つ課題を改善するために重要だと考えられている

・カウンセラーが一方的に指導をするのではなく、クライエントの「好ましい状態」を維持するために、「選択理論で行動する」という選択肢を提供すること

・すべてがカウンセラーの押しつけではなく、クライエントの「あなたがそれを望み、選択したいのならば」ということが前提であること。

「あなたがそれを望まないのなら、私にできることはありません」という毅然とした態度

 

グラッサー博士の態度は驚くほど冷静だし、丁寧だし、親切だし、そして気が長い。

カウンセリングの後、クライエントがどうするのか、どうなるのか、は全くクライエント次第。

カウンセリングのたびに、そのときのクライエントの状態に合わせて、最善を探っていく。

 

私の持つカウンセリングのイメージは、

「何が問題か」「それはなぜおこったか」「そのときどういう気持ちだったか」・・・と何が問題かをつきつめ、そこを解消していくもの、だった。

 

が、

この本に書かれる「現実療法」は「今このとき」から、何を選択していくのか、を考えるカウンセリングだということ。

クライエントが「できない」と思っていることも、「問題を解決するために、できるできない、ではなく、必要なこととして行動を選択するのだ」ということを、クライエントが納得ができるように対話していく、ということ。

 

「心理学」という言葉が、あたかも相手の心理を操るためのもの、

相手の心を読む(そして自分にとってどうかを知る)ためのもの、

と思いがちだが(もうそれも一昔前の感はあるが)、

そうではなく、

自分の心、人(相手)の心のあり方を知り、より望ましい方向にするための学問であり、何ができるかを考えるための材料、と捉えたらいいのかな。

 

 

私が心理学に興味があるのは、

自分がよりよく生きるため、自分と身近な人の関係がよりよくなるため、

そして私が関わることができる人たちがほんの少しでも気分良く、心地よく生きるためのお手伝いをする、考え方の基礎にしたいから、なのだと思う。

 

繰り返し書いてるけど、

まずは自分。

平行して、職場でも意識できるようになれれば、すごく意味のある学びになる。

地元の食イベント

9月9日(日)

 

行きつけのお店に置いてあったチラシを見て、

「地元のウマい食材とスゴい料理人が大集合!! vol.4」

というイベントに行ってみた。

 

美味しいものがお得にたくさん食べられるのかしら💕と勝手に想像して、

チラシ情報以外は把握せずに家族で行ってみた。

 

会場が、パーキングビル8Fで、「??」と思いながら行ってみたら、

まんま立体駐車場で、吹きさらし、ちょっと汗ばむような気温。

各お店が屋台をだしていて、祭りのようにおいてあるテーブルとパイプイス。

 

全体の感想としては、

なんのイベントかしら・・・?まぁ、美味しかったけど。

というもの。

 

会場の目新しさはあるものの、けして快適ではないし、

イベントとしての配布物はなく、

このイベントならではの特色が感じられず、目的もよくわからず、

お得な感じもなし・・・

 

せっかくなのだから、と思って、各屋台のフライヤーをもらい、お店の方とお話するようにはして、愛想の良い店員さんとのお話は楽しかったのだけど。

 

各お店の方も、ふつーに、祭りの屋台みたいに、食べ物を売ってるだけで、

「うちの売りはね!」とお店を宣伝するでもなく。

 

うーん。

 

たとえば、食券売り場で、イベントの主旨を示すパンフがあって

出展店舗の一覧と配置図、各お店の売りをまとめておくとか、

何かないと、ただ行って、お店の名前も覚えず、食べるだけになってしまう。

 

最初に食券を購入して、好きなお店で買うシステムなのだけど、

食券(500円券)の金額は関係なく、各お店で、普通に値付けされており、

「235円」の商品とかあったら、普通におつりがもらえて、現金で買える。。。

だったら、食券いらんやんけーーー

人数把握のため?だとしても、一人で2000円分の食券を買う事もできちゃうし。

 

イベントの主催側になることがあったら、大事なことは

何にせよ、目的意識なんでしょうね。

なんのためのイベントか、なんのためにこの食券があるのか、

各出展者とイベント全体の目的を共有するとか。

我が身を振り返ることにします。

 

この日のおでかけでよかったのは、

そのパーキングビルの1Fが手芸屋さんで、

一緒に行った下の子の大好きな毛糸が市内では珍しいくらいたーーーーくさんあったこと!

これは大きな収穫だったので、このためのおでかけだったとしよう!(^^)

 

 

 

メルカリ初出品

9月11日(火)

 

Tさん主催の企画に参加。

先送りしているものがある人、この日にやるって決めて、片付けてしまおう!という企画。

 

あるある先送り、、、あれもこれも、、、

やる!って決めてやってしまえばいいのに、なかなかできないこと・・・

 

家の片付けもあちこちあるけど、持ち運べないし、

お金のこと片付けたいことがあるけど、さすがに人前では・・・

と考えたところ、

前々からやってみたかった(けど、得体がしれなくて先延ばししてた)メルカリに手を付けよう!と決定。

Tさんも出品しているので、教えてもらえる心強さもあって、

鼻息荒く、参加。

 

やるって決めて勢いがあればできるもんですね。

おしゃれなスタジオダイニング、みたいな会場で、

集まった10人で所狭しと思い思いのことをスタート!

私はメルカリの登録をして、

出品するものをスマホで写真とったり、

物の紹介文を書いたり、相場をみて金額決めたり、

発送方法や料金を調べたり、、、

なんだかんだ迷いながらも、時間内になんとか出品したくて、

やりましたよ!

そしたら、できましたよ!

さっそく「いいね」がついて嬉しいやら驚くやら!

 

一人で家でやってたら、迷ってる途中でめんどくさくなってきて、

つまみ食いしたり、他の家事やっちゃったりして、コンプリートしてなかったかも。

あえて環境を変えて、人前でやるから、1時間半くらいで片付いたのだ!

 

そして、翌日、みごとに売れました!

初出品にして値引き交渉なんかもありつつ(^^;; そんな高額商品でもないし、値引きしなかったけど)

こんなに早く売れるとは!

子育て英会話本、だったんですけどね。

メルカリすごい。

 

アマゾンのマーケットプレイスは使ったことがあるけれど、

メルカリは、出品申請が簡単だし、商品登録もすごーく手軽。

販売手数料のみで出品手数料がとられないのがいいと、私は感じました。

手軽さゆえのトラブルもあるのでしょうけど、、、

今後も家のものを減らすのに、有効に使っていこう〜。

ーーー
<後日追記>

・売上金は、ポイントとしてメルカリ内での買い物に使うか、現金として振り込んでもらうか、選択。<選択の期日あり。
現金振り込みの場合は、10000万円以内の場合、振り込み手数料210円がかかる。

この手数料を見逃してた!!売上金がある程度まとめて発生してないと、振り込み手数料で相殺されてしまうこともある。

 

・売る方も買う方も、毎回必ず評価する。この評価システムのおかげで、公正性が保たれているのね。

 

新しいことを始めると、勉強になりますね。

私のパワースポット

9月13日(木)

 

突然思い立って、すごく久しぶりにカラオケに行った。

 

ふと、ちょっとこのところ元気がないというか、

エネルギーが下がり気味なIさんと話したいな、と思って、

Iさんのことを思い浮かべたら、

すごくカラオケに行きたい、という気分になって。。。

理由は三つ。

ひとつめ。昨日、運転中にかけてたNHKみんなのうたで流れた曲が、初めて聴いた曲だけど、すごーーく良い曲で、歌いたい!と思ったから。

ふたつめ。前回、、あれはもう3年前?!のときは、6人ぐらいでいって、その中でもIさんの歌声がよかったから。

みっつめ。きっとIさんもカラオケ行ったらちょっとは元気になるだろうなーと思ったから。

 

それで、朝、「カラオケかおしゃべりしませんか」て誘ったら、

ちょうど波長が合ったようで、「カラオケ行きたかった!」というので、思い立ったが吉日、

本日カラオケ行ってきた。

 

めったにいかないカラオケだけど、行くたびに思うけど、

「曲本」ほしいのよね・・・

ほんと、あの画面だけだと、イメージ広がらないのよね。。。

でも、あの入力装置だけが当たり前の世代にとっては、

あれでなんとかなるんでしょうね。

 

まぁ、二人で次から次へと好きな曲歌って、

あっという間の二時間。

帰りには、ちと声がれマダムの二人でしたが、

発散して、すっきりしました。

 

以前の印象どおり、Iさんは歌声がよくて、ほれぼれしたわ〜。

夜桜お七」、最高でした。

 

一番歌いたかった曲はなかった・・・

みんなのうたでかかってた「Time 時のしおり」鈴木建吾、練習したかったのに。

田島貴男ピチカートファイブ)の「誘惑について」歌いたかったのに。


次はスティービーワンダーの「overjoyed」うたおう。

ということで、カラオケ(ボックス)が、私のパワースポットになる、と発見したのでした。

ちらっと考えてるのだけど、
うたを習ってみようかな・・・?

キーパーソン

9月7日(金)

 

先生でもあり、先輩でもある友人(Tさん)と、

Tさんオススメの大人なカフェでランチ。

 

講座の先生でもあるので、定期的に顔は合わせてるのだけど、

テーマなしに会うのは、ちょっと久しぶりで、

しかも北欧系家具が素敵な、とっても気になってたお店で、

ワックワクしながら行った。

 

いやー、よくしゃべったなー。
盛り上がったな〜(^_^)

お店のイスが座り心地がよくて、木のさわり心地がよくて、

なでなでなでなで。。。


ランチも上品な和食、ひとつひとつの味付けが丁寧で、

見た目多くはないのだけど、食べ終わってみると、

お腹は満足してて、幸せな気分。

でもどーしてもスコーンもたべたくて、Tさんと半分ずついただく。
私好み、さくぅ、しっとり、甘さ控えめハチミツあう。

はい、百点。

社会人になってから、しかも私がこの地に来てから知り合った人で、
こんなに長く良い関係になれるなんて、想像もしてなかったなぁ。

私がずどーんと落ち込んだときに、すっと救いの手を伸ばしてくれる存在、
になりつつある。
私が初めてTさんの講座に出会ったときもそうだったし、
今年に入ってぐるぐると混沌のうずに巻き込まれたときも、そうだった。

Tさんは、ぐじゃぐじゃしている私を見ても、

「うん、大丈夫大丈夫」て飄々としてて、

そんな私の状態を許してくれる感じ。

 

積み重ねられて半分くらいはみ出たりしてるぐちゃぐちゃな書類(←私)を、

とんとん、て台の上でたてて、きれいに整えてくれるみたいに、

Tさんと会ってみると、不思議と整理されて見えてくる部分がある。

 

そして、私の好奇心を満たしてくれる存在でもあり、

新しい出会いや学びを連れてきてくれる人でもあり。

そうだ、育「自」サークルに入れたのもTさんの後押しが大きかったし、

選択理論心理学もそう。

とある講座のスピーチの機会をいただいたときも、

上がり症+自信無し子の私の背中を押してくれたんだった!!

ポイントポイントで頼りにしてるんだなー。

いや、ちゃんと思い出してみると、頼りっぱなしだ(-_-||

Tさんとやり取りしてたら、私のことをTさんにとっての「キーパーソン」と評してくれた。

えぇ〜、いいんですかぁ〜?!
いやいや、それ言ったら、Tさんこそ、私のキーパーソンであるからして。


今後も、お互いのキーパーソンとしてお付き合いできるような、私でありたいなぁ。

 

子育て支援基礎講座#1参加

9月2日(日)


ネットで申込みした子育て支援の講座に参加。全2回のうちの1回目。

NPO法人が母体で、市からの委託事業として、子育て広場を運営している団体が主催の講座。

 

子育て支援の基本について、午前と午後の二部にわけて、幅広い内容での講義。

大事だなと思ったところのまとめ。

 

子育て支援の基本

・なぜ子育て支援が必要か

  →子育ての悩みが多いというのは、「社会問題」です。

子育て支援の意義と目的

  →「支援の目的は、支援が不要になること」というのが印象的。

子育て支援ひろばとは

  →目指す支援の環境、内容(エンパワーメント、ノンプログラムの支援)

 

◯傾聴

・チェックリスト、ワークあり。

  →チェックリストを見て感じたこと。

「相手の話に割り込まない、さえぎらない、結論を先読みしない」

「どう考えるかは相手が話し終えてから。相手が話をしているときに考えない」

「コメント、アドバイスは相手の同意を得ておこなう」

他にも大事なポイントがあるが、特に上記3点は、私がやりがちなこと。。。

相手の話を評価しながら(つまり、自分の思考を動かしながら)聴くくせがついてる・・・
特に家族、そして自分にとって親しい人ほど、割り込みやさえぎりや先読みしてるし・・・(>_<)

ほんと反省。

そして、不快にさせてしまった方々ごめんなさい。

講座の先生もおっしゃってたけど、無意識でやってることを意識化する、という点で、まずは一歩。

・支援者として大事なことは、

 支援者が先生となって教えるのではなく、自分で考える力をつけてもらうこと。

 他のお母さんに「どうしてる?」と聞いたり、お母さん同士で解決を模索してもらう、というのもひとつ。

 

子育て支援の環境づくり

・初めての人への受け入れる対応、姿勢

・居心地の良い空間(男性や年配の方もいやすい配色、音、シンプルな空間)

・ものの配置にも意味がある

 

◯サポーター(支援者)の役割

・服装、雰囲気、視線の高さ

・相手の話をよく聞く、共感的、肯定的

 

子育て支援ひろばには、支援者の願いや思いが現れます』

「ひろばは、外の世界への初めの一歩」

 

これから社会とつながる親子と接するお仕事なので、
一期一会で大事に接していきたい。です。

 

夏休み最終日記

夏休み最終週、最後のあがきで子どもたちとのいろいろ、の記録。

 

8月25日(土)

上の子は、毎年恒例らしい吹奏楽部でのナガスパツアー。

顧問の先生と保護者代表の方の引率で、はりきっておでかけ。

 

下の子は、パパさんと、知人の企画の親子クッキング講座に参加。

男女共同参画施設での開催だったので、私もついていって、

待ち時間に、施設内図書室の蔵書を読んで待つことに。

普通の図書館にくらべたら数は多くないのだけど、

男女共同参画」という視点でのセレクトなので、面白そうな本がたくさん。

その中から選んだのは、

「人生を思いどおりデザインする片づけの作法」 三谷直子

二時間くらいでざーっと読んだので、メモはとらなかったのだけど、

どちらかというと破天荒な性格で、

周りの人とのコミュニケーションもうまくなかった著者が、

自分の生きづらい部分を調整し、

心も空間も整えていった過程がおもしろかった。

お片づけについてはすでに記憶にないのだけど(-_-||、

著者の三谷さんに興味がわいた。

 

で、パパと下の子は、お腹も満腹、お土産もたくさんいただいてほくほくで帰宅。

上の子も夜まで遊園地を満喫して、帰宅。

 

8月27日(月)

上の子、友だち2人と映画に行くといって、前から計画をたてて、

バスで(片道40分ほど)駅前に出かけて行った。

一緒にでかけた子の、あるお母さんが、せっかくだから夕食もみんなでうちでどうぞ、

と言ってくださって、夕食までその友だちと過して、大満足。

バスに乗り遅れたり、乗り間違えたり、無駄遣いしたり(^^; することもなく、

(そういう経験もしてバタバタすることも期待してたんだけど、)

ちゃーんと映画を見て、お食事して帰ってきた。

私と下の子は、家でぐうたらすごす。

 

8月28日(火)

下の子、プールに行きたいというので、

お友達もさそって、小学3年生女子3人でプールへ。

私は引率だけで、プールの外で読書。

小3、まだまだかわいいなー。うちの子、姿勢いいなー、と眺める。

 

8月29日(水)

上の子は始業式。

娘たち、地元のラジオ局の夜の番組の大ファンで、

その番組が公開生放送をしているのを知っていたので、

下の子が夏休み中に一度は行ってみたい、というので、

夜、家族でラジオ局の前に行って、ガラス張りのスタジオ前から、

生放送の様子を見学!

大好きなMCのお姉さんが気がついてこちらに手を振ってくれたりして、

娘たち大満足。

私たち親は、ラジオの放送ってこうやって作られるんだ、というところに感心。

いつもMCがテンション高く楽しそう〜にやってるんだけど、

そのMCのお話を、直接番組にはでてこないスタッフさんが、

めっちゃ楽しそうに聞いてるからこその、あの番組だーというのがわかった。

 

8月30日(木)

下の子始業式。

 

というわけで、夏休み終了。

夜はいつもの通り、昨日見学に行った、ラジオ番組を聞きながら夕食。

下の子の希望で、昨日見学に行ったこと、番組にメッセージ送ったら、

見事番組で読まれたー!

しかもMC賞で、番組ステッカーもらったーーーー!!!

 

最終日まで、いいことあって、よかったね(^_^)b